多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状と原因を解説します

近年、多嚢胞性卵巣症候群(通称:PCO)が急増していると言われています。不妊の原因でもあるPCOが、20代の若い女性にも増えています。20人に1人が発症すると言われているPCOですが、一体どんな病気なのでしょうか?

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)はどんな症状があるの?

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)は「polycystic ovary syndrome」といい「PCOS」や「PCO」と略されることが多いです。通常、卵巣内で月に一つずつ成熟し卵胞を覆っている袋を破裂させて排卵します。しかし、多嚢胞性卵巣症候群は卵巣内でたくさんの卵胞がある程度の大きさに成熟しますが、袋が破裂せず排卵が起こりにくくなります。そのため、生理不順や無月経が起きます。正常に排卵が起きないことから、不妊の原因にもなります。

その他、男性ホルモンが増えるため、多毛・ニキビ・低音声化が見られます。また、黄体ホルモンが正常に分泌されないために、月経過多や出血が止まらなくなったりします。

多嚢胞性卵巣症候群の原因とは

PCOの原因はさまざまあり、まだ解明されていないことが多いです。現段階では、ホルモンバランスや糖代謝の異常が関わっていると言われています。通常は、黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンが出て、卵胞の成熟を促しますが、黄体化ホルモンが増えるとバランスが乱れ、卵胞が上手く育たなくなります。また、男性ホルモンが増加することで月経不順等が起こるとも考えられます。

PCOは、卵巣を覆う被膜が厚くなります。肥満が原因な場合と、ホルモンバランスが崩れたことにより厚くなる場合があります。PCOの人は、肥満な人も多いです。内臓脂肪が蓄積することが原因だと言われているので、糖分や脂分の摂り過ぎに注意しましょう。

見逃さないで!ネックレスサイン

卵巣にはたくさんの卵細胞がありますが、通常は月に一つずつ成熟し、卵細胞を覆っている袋が破裂して排卵をします。しかし、この工程がなんらかの原因で卵細胞が成熟しても、袋が破けずに排卵されないと、卵細胞がどんどん溜まってしまいます。この状態が、真珠が並んでネックレスのように見えることから、ネックレスサインと呼ばれています。

PCOは早期発見することが大切です。発見が遅れると悪化してしまいます。なかなか妊娠できないときや、生理不順、初期流産をすることが多い場合は、病院を受診してみましょう。

国民生活センター「胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できると…」(外部サイト)

Top