妊活中〜出産後まで葉酸の摂取が推奨される理由

妊娠中や妊活中に葉酸が効果的なことが、有名です。これは、葉酸がビタミンB群の一種であり、細胞分裂や新陳代謝に深く関わっている栄養素だからです。厚生労働省も、妊娠時に葉酸の摂取を推奨する文書を発表しています。

厚労省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等…」(外部サイト)

厚労省も推奨する葉酸の効果

葉酸が推奨されるようになった背景に、先天性の障害を持った子どもが増えたことにありました。研究の結果、葉酸を摂取することで先天性の障害を持つ子どもを減らすことが分かり、妊娠初期の大切な時期に摂取することが推奨されるようになりました。

妊娠初期は、赤ちゃんの脳や神経細胞が作られる大事な時期です。細胞分裂を繰り返し、赤ちゃんは成長していきますが、葉酸を摂取することで細胞分裂を活発にすることができ、健康な赤ちゃんが育つ確率が上がります。

反対に葉酸が不足すると、脳や脊髄が上手く繋がらず、障害を持った赤ちゃんが産まれる確率が上がります。妊娠しているときに、必要な葉酸は妊娠していないときの2倍必要だと言われています。そのため、食事から2倍の葉酸を摂るよりもサプリメント等で摂取することを推奨しています。

葉酸は妊活や出産後にも効果的!

葉酸を摂取すると子宮内膜が厚くなり、着床しやすい身体になると言われています。また、生理不順にも効果があると言われているので、妊活中には嬉しい効果が期待されています。他にも、肌の調子を整えたり、髪の毛にも良い影響を与えています。

葉酸は、単体で摂取するよりも他の成分と一緒に摂ることで効果が上がります。ビタミンB12と一緒に摂取することで、葉酸の再利用に効果があったり、ヘモグロビンを合成する効果、貧血防止にも効果があります。

天然葉酸よりも、合成葉酸が良い?!

天然のものと合成のものがあると聞くと、天然のものの方が身体に良い気がしますよね。しかし、厚労省は合成の葉酸を推奨しています。なぜでしょうか?

葉酸は「ポリグルタミン酸型」と「モノグルタミン酸型」に分けられます。葉酸の吸収率が異なるのですが、「ポリグルタミン酸型」は吸収率50%しかないのに対し、「モノグルタミン酸型」は吸収率85%と高くなっています。

ポリグルタミン酸型の葉酸は、枝豆やほうれん草などの食品に含まれていますが、水溶性ビタミンなので、熱や水に弱いです。茹でる・炒めるなどの調理をしてしまうと、多くの栄養素が失われてしまいます。せっかくの栄養素がもったいないですよね。

栄養素が失われがちなポリグルタミン酸型を、栄養素を失いにくく、吸収率が上がるように変換・合成したものが「モノグルタミン酸型」です。この合成葉酸のモノグルタミン酸型にも、ポリグルタミン酸型と同様に食品由来のものもあります。

以上のことから、葉酸の吸収率の高い「モルグルタミン酸型」の合成葉酸を推奨しています。しかし、モルグルタミン酸型の葉酸サプリを選ぶときは、由来に着目して選びましょう。化学物質から作られているものもあるのですが、野菜や酵母由来の安全なモルグルタミン酸型の葉酸が配合されているサプリメントを選びましょう。

科学院「葉酸情報のページ」(外部サイト)

Top