妊活中のご夫婦揃って摂取したいマカの効果とは

「マカ」は男性の精力剤として有名ですが、妊活中の女性にも嬉しい効果があります。マカは、ペルー原産のアブラナ科の多年生植物です。日本では、ドリンクやサプリメントで出回っていることが多いです。ドラックストアや通販で簡単に手にすることができます。

マカにはどんな効果があるの?

マカは、性欲を高める成分が含まれているので、男性の精力剤として使用されていることが有名です。精子の原材料になるアルギニンが豊富に含まれていたり、生産に必要な亜鉛などのミネラル分がバランス良く含まれているためです。

そんなマカは、実は女性にも効果があると注目されています。ホルモンバランスを整えてくれるので、生理不順の改善や重い生理痛の改善、排卵のズレを正してくれる効果が期待できます。また、さまざまなアミノ酸が含まれているので、卵巣機能も強化されると言われています。

他にも、マカに含まれるアルギニンにより、冷え性の改善や美肌効果があります。ホルモンバランスが整うことから、便秘解消や生理前のイライラからの解消も期待されています。

マカは安全?副作用は?

日本では、マカは食材としてはなかなか手に入れることは難しいですが、サプリメントやドリンクで簡単に手に入れることができます。これらで、摂取する際に過剰摂取しなければ、副作用はないと言われています。

ホルモンバランスを整えてくれるマカですが、過剰摂取した場合、ホルモンバランスを崩してしまうことにもなります。すると、更年期障害や冷え性が悪化することがあります。また、吐き気や下痢、嘔吐の症状が見られる場合もあります。サプリメントやドリンクでは、マカ以外の成分が原因で起こることもあるので、使用量は守るようにしましょう。

妊娠したら、マカの使用は避けた方が良いでしょう。まだまだ不明な点が多いのですが、ホルモンバランスに影響があるので、妊娠中や授乳中は通常とはホルモンバランスが異なる状態での使用は避けた方が賢明でしょう。

国産のマカとペルー産のマカの違いは?

マカは、ペルーが原産ですが、実は日本でもマカを栽培しています。そして、ペルー産のマカに比べて、国内産のマカの方が栄養価が高いことが分かっています。

日本食品分析センターのデータによると、ペルー産に比べて国内産は、アルギニン4倍以上、ベンジルグルコシノレート10倍以上、リジン1.7倍以上、プロリン2倍以上の栄養価があると言われています。

また、リラックス効果や血圧を下げる効果のあるギャバは日本のマカにしか含まれていません。国産のマカは、リラックス効果のある上に本場よりも栄養価が高いので、効果が期待できそうですね。

Top