胎児の神経管閉鎖障害の原因と葉酸

妊娠時に葉酸が推奨される理由に、先天性障害を持つ子どもの確率を下げるといったことが挙げられます。先天性障害の一つに、神経管閉鎖障害があります。これは、妊娠初期に胎児が上手く成長しないことが原因で起こります。本来繋がっているべき、神経が塞がってしまうため、脳や脊髄が正常に成長せずに、下半身マヒなどの重度の障害を持つ子どもが産まれてくることがあります。これらを予防するためにも、妊娠時の予防が大切です。

妊娠時は葉酸の摂取が大切

神経管閉鎖障害が起こる原因に、栄養不足が挙げられます。妊娠すると、たんぱく質やカルシウムなど胎児が育つためにたくさんの栄養素が必要になります。この時に、栄養が不足していると胎児の成長に影響がでます。また、胎児だけでなく母体の健康面にも影響が現れます。

さまざまな栄養素が必要な妊娠中に、特に不足しがちなのが葉酸です。葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害を持った子どもの出生率が下がるという研究結果は多く存在します。そのため、厚生労働省でも葉酸の摂取を推奨しています。

特に、赤ちゃんの脳や神経を作る妊娠初期に必要だと言われています。赤ちゃんの異常を見つけられるのが妊娠4ヶ月頃と言われているので、その頃まで葉酸を摂取することが、予防に効果的だと言われています。

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

葉酸を効果的に摂取するには?

葉酸はビタミンB群の一種です。枝豆やほうれん草などに多く含まれています。しかし、葉酸は水溶性ビタミンなので、熱や水に弱いです。茹でる・炒めるの調理をするとせっかくの栄養素も流れ出てしまい、十分に摂取することができなくなってしまいます。また、レバーなどからも摂取できますが、そんなに量を食べるものでもないので食事から葉酸を必要量摂取することは、難しいと言えます。

厚生労働省も葉酸サプリから摂取することを推奨しています。葉酸の摂取量は、妊娠時期により異なりますが、妊活中や妊娠初期では1日400μgの葉酸を摂取するように言われています。食事から摂る場合、調理の過程で失われる葉酸のことも考えたら1日に必要量摂ることは困難ですよね。また、葉酸は種類によって吸収率が変わります。このことも加味した上で、上手に葉酸を摂取したいです。

葉酸サプリを選ぶときのポイント!

葉酸は、ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型の2種類に分けられます。ポリグルタミン酸型の葉酸は、食品から摂取する天然葉酸です。しかし、吸収率が50%しかないことが分かっています。

一方でモノグルタミン酸型の葉酸は、ポリグルタミン酸型の葉酸を吸収率が上がるように変換した合成葉酸です。合成葉酸の吸収率は85%と上がっています。モノグルタミン酸型葉酸は、ポリグルタミン酸型葉酸のように食品から作られたものもあるので、安全に効率良く摂取することができます。しかし、中には石油などの化学物質から作られているものもあるので、購入する際にはそこに注目して購入すると良いでしょう。

e-ヘルスネット「葉酸とサプリメント」(外部サイト)

国立健康・栄養研究所「健康食品の安全性・有効性情報」(外部サイト)

Top